スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | top ▲
アイロンカバー
今のアイロンは、結婚してから3台目。
酷使してる訳じゃないんですけどね:汗
一台目は、コードレス。すぐに冷めちゃってピーピーうるさいったらない。
それでも、しばらくは使ってました。

2台目に変更したきっかけは、
いつもクリーニングに出してた主人のYシャツを
自宅で洗いアイロンをかけるようになったので。
安価で、小回りの効きそうなアイロンを購入。

その後に、洋服をよく作るようになって、
接着芯貼りで、糊がくっついたり、そこが焦げてしまったり。
すべりは悪くなり、もう、それは、かわいそうな位、哀れな状態に。
ただでさえ面倒なYシャツのアイロンがけが、苦痛に感じるまでに…。(←大げさな:笑)

で、3台目のアイロンの購入に至った訳です。

2007_11_10a.jpg
アイロンカバー

2台目のようなことにしてはならない!
という固い決意をし、↑こんないかにもという感じの便利グッズ(アイロンカバー)を購入。


話は2台目を使ってた頃に戻ります。(何故か、物語風?:汗)

本当は、接着芯を貼る時は紙をあてたりするのですよね?(イマイチ自信なし)
それをしないものだから、糊でベトベトになった2台目。

母が、「そんな時は、アイロン台の角でこすり落すのよ」
と言うので、やってみたものの、今度はアイロン台が汚れるし:号泣

で、こんなアイロン掃除の道具を購入してみたりして…。

温めたアイロンに蝋みたいなモノを塗って汚れを浮かせて落すクリーナー。
最初っから使えばよかったのでしょうが、
相当な焦げ汚れがついて、すでに悲惨な状態の2台目には、焼け石に水。

ま、私の使い方も悪かったのですが・・・。
元来のいい加減な性格が災いし、解けたクリーナーがスチームの穴に入り込んだり、
それが床に落ちたりで、大騒ぎに。
主人に「ちゃんと説明書読め!!」と叱られ、
この時ばかりは反論出来ず:苦笑

で、3台目購入後は、きちんと最初っからお手入れしましょ。
と思っていたのに、
何せ選んだのがスチームの穴が所狭しとあいているこれ↓

T-FAL T-FAL スチームアイロン プログラム8

蝋タイプのクリーナーでの掃除は、私には、無理という事が分かっていたので、何か策は無いかと…。
しばらくは、接着芯を貼る時に紙をあてればいいので、
そうやって使ってましたが、
不器用な上、短気な私には、どうも紙が動いてしまって、イライラするばかり。

で、どうなの?不安もありつつ、試しに
アイロンカバーなるモノを買ってみたら、すっごい便利。


本来は、こういう使い方をする物じゃないと思うのですが、
逆の発想で、私は、接着芯を貼る時に、装着するようにしてます。
「てかり防止、あて布不要」ともあったので、
てかる布に、あて布代わりにも。
ビヨーンとバネでひっぱって固定して装着するので手間もありません。
ちなみに穴も開いているのでスチームも出てきます。

TKアイロンカバー★今お使いのアイロンにかぶせるだけで新品同様の効果!
といううたい文句。

もしや、2台目にコレをかぶせれば良かったのか…?

という事は、考えないようにして使ってます。
この記事のURL | 道具 | top ▲
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。