スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | top ▲
ソファカバー・クッションカバー
一気に5mの布、大量に消費!!
ははっ:汗
まっすぐ縫っただけなんですけどね。

2010_06_08a.jpg

Fabric:(ソファ)C&S オリジナル 幅広リネンpart2 ベージュ
Fabric:(クッション)C&S 綿麻リバティ カペル ネイビー・カーキブラウン(綿85%、リネン15%)



ソファカバーは、脇で結ぶ方法をとってます。
形に合わせて作るなんて根気は無い(笑)
3m×4mサイズ。
縫うトコが長くて、途中で本気で寝そうになりました。

このソファは、父と母が(健在です)家を新築時に
2階から落としても壊れない(イタリア製)というふれこみの元、買ったもの。
(誰が落とすんだ!?っつうの:笑)
応接セット(←死語?)で、5個を組み合わせられるようになっていた。

飽き性、そして計画性があるのかないのか、(あぁ、私は間違いなく両親の子だわ。)
すぐに邪魔になってきて、ひとつ、またひとつと誰かしらの家に旅立って行った。
お年頃(結婚した頃)の私は、その内の腕置きの無いタイプを二つを、慌ててキープ

ま!結果的に、引っ越しが多い我が家は、コレでヨカッタって事で。
特に「丈夫」というのは、その点有り難かった。
しかーし、いかんせん、だいぶ年季が入ってきてるので、そのままでは見苦しくなってきた。
でも貧乏性の私は、使えるモノを新しいモノに買い変える事が出来ない。
(一度、2階から落としてみたいという衝動もある:笑)

なので、時々、カバーリングで気分を変えたりします。
今回は、一気にシックなイメージ。

え?実家?!もちろん、何故かまた、新しいソファがドーン!と(軽~くイラっとした出来事:笑)

2010_06_08b.jpg

合わせて、綿麻のカペルで、クッションカバーも。

後ろ中心にファスナーを付けましたが、久し振り。
中学?高校生の頃、母に教えて貰って以来、クッションは、ずっとその付け方。
簡単な方法なのだけれど、数年前に付けたはずなんだけど、
歳ゆえ?!思い出せない。本をあさってみたけど、コレってのが無い。
で、なんとなく、思い出しながら付けたので、これでいいのか微妙。

でもファスナーでなく、重ねるタイプだったりすると、出し入れしにくくて、
お洗濯をなかなかしないから。(←衝撃の告白:苦笑)

このクッションの55×59cmの羽毛タイプ。
少々小さくてもいいだろう?・・・と・・・。(やはり貧乏臭い)

布幅、全部使って、ケチケチで作りました。
なので、耳の「LIBERTY」の文字のトコロまで・・・しっかり使ってます。
めくるとチラッと見えます。
(↑いやらしい:笑)

この綿麻カペル、もう一色買ってあるんですが、用尺多めに買ったので、
もう一個作ろうか、違うモノにするか悩んでます。
3つ並べた方が可愛いよなぁ~。ぼそっ。

洋服ばかりを縫ってましたが、
ちょっと、お家の中の色々なところにあると便利だなぁ~と思うモノ。
雑貨やさんで「欲しいな!」って思っても、「作れる!」と思って買わないようなモノ。
を作ろうかなぁ~と思ってます。

よくある事ですが、ご期待通り思ってるだけで終わるかもしれません。


このサイズ↑お値段もこれくらいお値打ちのモノです♪
この記事のURL | 小物・雑貨 | top ▲
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。